診療科目

内科・皮ふ科・整形外科・外科

「さくらクリニック」の診療科目は「内科」「皮ふ科」「整形外科」「外科」「リハビリ」をはじめ、高血圧・高脂血症・糖尿病といった生活習慣病の治療と生活指導も行っております。

内科

内科的な疾患は、いろいろな自覚症状で始まります。重大な病気の前兆である可能性もあり、一見大したことがないように見えても侮れません。自覚症状がはっきりしている時はもちろん、「なんとなく調子が悪い」といった場合も、「医者にかかるほどではない」などと自己判断せずに、遠慮無くご相談ください。全身を診る内科医として、適切な診断と治療をさせていただきます。

内科の主な診療内容
● 急性疾患

風邪、インフルエンザ、扁桃炎、肺炎、気管支炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎 など

● 慢性疾患

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症(脂質異常症)、痛風(高尿酸血症)など)、貧血、頭痛、便秘症 など

内科系疾患に幅広く対応

咳、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧や糖尿病、高脂血症(脂質異常症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く対応いたします。急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査などに応じますので、はっきりとした症状が出ている時はもちろん、「調子が悪いのだけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような曖昧な場合も、また不定愁訴(病名のつかない原因不明の不調)や健康上の不安などについても、お気軽にご相談ください。

皮ふ科

皮膚は頭のてっぺんから足の先までとても広い臓器です。そしてほかの臓器や心と密接な関係があります。特にアトピー性皮膚炎やニキビ、かゆみ(掻痒症)、円形脱毛症、尋常性乾癬などは、ストレスや心の状態が強く影響します。したがって、ただ薬を塗ったり、飲んだりという従来の治療だけではなかなか治りません。当院では“心と皮膚”の両面から生活面の指導も含めた総合的な治療を行っています。

皮ふ科の主な診療内容

皮膚科疾患全般、皮膚アレルギー科、アトピー性皮膚炎、乾燥肌、湿疹、かぶれ、かゆみ、花粉症による肌あれ、薬疹、にきび、おでき、粉瘤、とびひ、いぼ、水いぼ、たこ、うおのめ、糖尿病による足のトラブルとその予防、水虫、爪水虫、たむし、やけど、擦り傷、けが、ひやけ、床ずれ、帯状疱疹、口唇ヘルペス、口内炎、口や目のまわりのトラブル、円形脱毛症、男性型脱毛、女性の薄毛、脱毛の相談、しみ、ほくろ、皮膚腫瘍の相談

検査と治療
顕微鏡検査 採血によるアレルギー検査 皮膚生検
手術 金属パッチテスト 鶏眼、胼胝のけずり
ダーマスコープによる診断 液体窒素やレーザーによるいぼの治療 水いぼの摘出

整形外科

体の運動器の病気や外傷を取り扱っており、主に脊椎、四肢(腕・手・脚・足)の運動器を構成している骨・関節、関節を連結する靭帯、筋肉や腱、脳を除く脊髄および末梢神経の疾患による機能障害や外傷による損傷を診断・治療します。

整形外科の主な診療内容

変性疾患、関節疾患、脊椎疾患 骨粗鬆症、スポーツ外傷 骨折、打撲、捻挫 など

治療
● 変形性関節症

各関節の変形による病気で、多くは痛みを伴います。リハビリテーションでは、関節に痛みを出さない状態での筋力強化訓練や、鎮痛を目的とした温熱・寒冷療法などの物理療法、装具処方による関節保護を行います。慢性的な疾患ですので、関節症状を悪化させないための生活指導や自主トレーニング指導が必要となります。

● 打撲

一般的に打撲をすると皮下組織を傷つけ出血するため、皮下に青黒く出血斑が出現し、腫れてきます。軽度の打撲であれば、湿布を貼って包帯で圧迫固定すれば1週間から2週間ぐらいで完治しますが、関節周囲の打撲や出血・腫脹の強い打撲では専門家による固定や施術をが必要です。

● 捻挫

捻挫の症状は、どの関節に傷を受けたか、あるいは靭帯損傷の程度によって様々です。一般的に、関節の痛みやはれ、皮下出血といった症状が見られます。痛みやはれの症状から捻挫が疑われる場合には、患部を固定して冷やしながら安静を保ち、大掛かりな治療が必要になる前にご来院下さい。

● 骨折

骨折にはさまざまなケースがあり、範囲や重症度も異なります。足、手、骨盤…など骨折の部位によって、もちろん治療法も違います。基本的に骨はとても丈夫にできていますが、何らかの原因でその骨の強度以上に大きな圧力が外部から加わったときに、骨折が起こります。折れてしまった骨を元の位置に戻して固定することが、骨折治療の目的になります。

● 骨粗しょう症

この病気は骨量の減少、骨の微細構造の劣化により骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、もろくなる病気です。骨粗鬆症の治療薬は近年多く開発され、飲み薬や注射薬、骨折の予防効果の高い薬剤、骨密度を維持したり上げたりする薬剤など、多種多様です。

外科

日常的な外傷(切り傷、すり傷、打撲、やけど、など)、炎症(蜂窩織炎、できもの、など)、鶏眼(うおのめ)、巻き爪の外科的処置、皮下腫瘤(粉瘤、脂肪腫)の切除などを行っています。当クリニックでは、自分や家族が検査を受ける時にはこういう風にしてほしい、ということを患者さんに行うようにしています。そのため処置はなるべく痛くないことを一番に考えます。まず、縫わなくても治るものであれば、できるだけ縫合処置は行いません。その際は“湿潤療法”を用います。縫合する際も、最初に麻酔ゼリーを使う、局所麻酔はできるだけ細い針を使う、など気を付けています。

対象疾患

外科の扱う臓器は主に消化器(食道・胃・十二指腸・小腸・虫垂・大腸・直腸・肛門・肝臓・膵臓・胆嚢・胆管)です。悪性腫瘍(後述)・良性腫瘍および虫垂炎、胆嚢炎、消化管穿孔、腹膜炎などの炎症性疾患が主な治療対象となります。その他、そけいヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、乳腺疾患などの腹壁または体表疾患を治療対象としています。また、腹部外傷、一般外傷、異物などの治療も行っています。

治療

当院の外科診療は、腹部外科領域についての外来診察、検査が中心となっており、必要に応じて上部内視鏡検査、超音波検査、CTなどを行います。また、外傷の患者様には縫合などの処置を行っています。

リハビリ

よりよい人生を送るために必要とされる健康基盤を支えるリハビリサービスを提供して行きたいと考えております。ケガや病気でリハビリが必要な方の機能回復には個人差があり、長い時間を要することもあります。患者さまやご利用者さまの一人ひとりにあったオーダーメイドのリハビリテーションを提供していきたいと考えております。
患者さまが希望すれば一生お付き合いしたいと考えております。

リハビリテーションの意味とは?

「けがをしたときや病気の回復後に行うもの」というイメージが強いのですが、「何らかの理由で能力低下、機能低下した状態から改善するよう働きかけること全般」を指します。

治療の内容
機能回復訓練
  • 【関節可動域訓練】リラクゼーション・ストレッチなど取り入れながら関節を動かし、固まらないようにしたり、可動性を広げます。
  • 【筋力トレーニング】療法士または看護師が、徒手的に抵抗をかけたり、重力や物を利用して筋力の増強を図り、転倒不安の少ない安定した動作を行いやすくします。
超音波療法

患部に超音波を照射することで、組織の修復を促す治療法です。

電気療法

患部に電気を流し刺激を与えることで、筋肉の痛みや神経痛を和らげる治療法です。

牽引療法

神経の圧迫による肩、腰、首の痛みや手足のシビレの緩和に行うリハビリです。

腰部脊柱管狭窄症のリハビリテーション

腰部脊柱管狭窄症は腰痛とともに下肢の痛みやしびれが現れ、長時間の歩行が困難になる病気です。

リハビリ治療Q&A
Q いつもと違う部位のリハビリをするにはどうしたらよいですか?
A 一度も診察したことのない部位に関しては医師の診察が必要となります。ご希望の場合は担当の理学療法士や医師にご相談ください。
Q リハビリは予約制ですか?
A 基本的には予約制ではありません。比較的待ち時間が少ない時間帯などをご案内できますので、お気軽にお問い合わせください。
Q 他の病院で手術をしたのですがリハビリはできますか?
A はい。手術をされた病院からの紹介状や診療情報提供書などを持参していただくことで、よりスムーズにリハビリを行っていただけるかと思います。
ページ上部へ戻る